髪を傷めない洗い方&乾かし方

シャンプー

綺麗な髪を維持したいと思っていても、実際には抜け毛や切れ毛、髪のパサつきといったヘアトラブルが続く方も多いでしょうヘアトラブルの原因はカットカラーだけではなく、髪を洗う、乾かすといった毎日のホームケアにもあります。ホームケアを見直すだけでもヘアダメージは減らすことができます。

洗い方

∇ 1.髪と頭皮を十分に濡らす

髪や頭皮の汚れの大半は、ぬるめのお湯で予備洗いすることで落とすことができます。予備洗いで汚れを落とすことができれば、シャンプーの使用量を減らすことができ、髪や頭皮へのダメージも軽減することが可能です。熱いお湯で洗っている方もいらっしゃると思いますが、熱すぎるのも良くありません。予備洗いをする際の温度は、38℃前後がベストです。

∇ 2.たっぷりの泡で爪を立てずに洗う

シャンプー液を直接肌につけると刺激が強く頭皮を傷めてしまう場合があるので、適量を手に取り泡立てましょう。そして、泡立ったら指の腹を使って、優しく頭皮をマッサージするように洗ってください。爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので、必ず指の腹を使って洗うことをおすすめします。

∇ 3.すすぎは十分に

シャンプーのすすぎ残しは頭皮トラブルの原因となり、健康な髪にダメージを与えてしまいます。生え際や耳の後ろ、襟足などはすすぎ残しをしやすい部分なので、そういった部分にも注意しながら十分にすすぐようにしましょう。

∇ 4.洗髪後のトリートメント・リンス

洗髪後のトリートメントやリンスをつける際は、水気をきって軽くのばしてください。頭皮に直接つけるとかぶれや乾燥の原因となりますので、毛先から髪全体になじませていくのがポイントです。そして、シャンプーと同様にトリートメントやリンスも十分にすすぐことが大切です。

乾かし方

ドライヤー 正しい方法で髪を洗った後は、乾かし方です。乾かす際はドライヤーを使用する前に、タオルドライをしてしっかりと水分をとるようにしましょう。タオルドライを行うことによって、髪や頭皮に負担をかけるドライヤーの時間を短縮できます。ドライヤーをあてる際は、根本から毛先の順番に乾かしていきます。できるだけ髪から離れたところから風をあてましょう。乾かしすぎはかえって髪にダメージを与えてしまいますので、7~8割程度乾いたら冷風をあてて熱で開いたキューティクルを引き締めます。残りは自然乾燥してください。

髪を洗う、乾かすという行為を何気なく行うのではなく、髪や頭皮の健康を考えて正しい方法を身につけることが大切です。より丁寧にケアをしていきたいということでしたら、ホームケアとあわせて美容室でのケアをご利用ください。

新潟市中央区周辺で美容室をお探しの方は、ぜひHaloをご利用ください。Haloでは、カットやオーガニックカラー、グレイカラーデジタルパーマ、ヘッドスパ、ヘアエステといった人気のメニューを多数ご用意しており、お客様に合ったヘアスタイルを提供させていただきます。髪の状態を見ながら施術をしていきますので、髪へのダメージが気になる方も安心してご利用いただけます。レディースメニューだけでなく、メンズカットやキッズカットも行っています。Haloは完全予約制のプライベートサロンですので、美容室のご利用をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

ホーム » 髪を傷めない洗い方&乾かし方