カラーリング後のヘアケアで髪色を長くキープ

美容院でのカラーリングは綺麗に染まるので、なるべく色を長持ちさせて髪のオシャレを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは髪色をキープする為のヘアケア方法を紹介します。

カラーリング当日のシャンプーは控える

髪をコーティングしているキューティクルは、カラーリングをすると開いてしまいます。そのような状態でシャンプーをすると、開いた場所から発色したカラーが流れたり、強い洗浄力で成分が破壊されたりして色が落ちてしまいます。その為、カラーリング当日はシャンプーを控え、それ以降は洗浄力が強すぎない専用のシャンプーを使いましょう。なお、洗う時はぬるま湯で洗った方が、キューティクルが開きにくく髪のダメージも抑えられ、髪色を長くキープできます。

お風呂上りの女性

髪は濡らしすぎず、乾かしすぎず

濡れた髪を乾かすのは大切ですが、乾かしすぎるのも良くありません。髪が濡れた状態はキューティクルが開いている状態でもあるので、すぐに乾かす必要があります。しかし、必要以上に乾かしてしまうと髪が痛んでしまい、結果として髪色が落ちやすくなります。髪色を落ちにくくする為には、洗わずに済むトリートメントを塗ってからドライヤーを使う、ドライヤーを必要以上に使わないなどが挙げられます。

ヘアスプレー

髪に整髪料を付けすぎない

ワックスやヘアスプレーなどの整髪料を髪に付けすぎないようにするのも、色を長くキープさせる方法の1つです。整髪料自体は問題ありませんが、髪に付けすぎると洗浄力の強いシャンプーを使うか、回数を重ねて洗い落とすことになるでしょう。これらの行為によって髪は傷んでしまい、色が落ちていきます。防止策として一度に使う量を減らしたり、美容院が販売しているプロ専用の整髪料を使ったりすると良いでしょう。

新潟市中央区の美容院Haloでは、色を補うトナーカラーや白髪染め、髪を健やかに保ちやすいオーガニックカラーなどを提供しています。また、パーマでオシャレを楽しみたいなら、ほとんどトリートメント成分で行うデジキュアカールパーマがおすすめです。メンズカットも行っていますので、自分に似合う髪型にカットしてもらいたいと悩んでいる男性もお気軽にお越しください。

ホーム » カラーリング後のヘアケアで髪色を長くキープ