白髪染めと普通のカラーの違いとは

髪がなびいている女性

髪を染めている方はとても多いですが、みなさんはカラーについてどのくらいご存知ですか?カラーは「白髪染め」と「普通のカラー」の2つに分けることができます。こちらでは、白髪染めと普通のカラーの違いについてまとめてみました。

髪が染まるメカニズムは白髪染めも同じ

ヘアカラーは一般的に1剤(酸化染料とアルカリ剤が配合されたもの)と2剤(酸化剤)を直前に混ぜて使用します。酸化染料にはジアミンという化学染料が含まれており、アルカリ剤にはアンモニアが含まれています。そして、酸化剤には過酸化水素が使われています。アルカリ剤でキューティクルが開き、髪を脱色してから染めています。このプロセスとメカニズムは白髪染めも普通のヘアカラーも違いはありません。

白髪染めは染料配合濃度が高い

白髪染めと普通のカラーの違いというのは、「ブリーチ力」と「染料の配合濃度」にあります。普通のカラーは、白髪染めと比較するとブリーチ力が高く染料の配合濃度が低くなります。メラニン色素のある髪(黒髪)を明るくするには脱色、つまりブリーチをしなければなりません。ブリーチしてしまえば色を入れるのも難しいことではありません。そのため、染料の配合濃度は低いのです。

反対に白髪染めはブリーチ力が弱く染料の配合濃度が高くなります。白髪というのは元々メラニン色素が抜けていますので、ブリーチ力が弱くても十分になります。しかし、全ての髪が白髪というわけではないため、染料の配合濃度を高くし、白髪も黒髪も均等に染まるようにできているのです。綺麗に髪を染めるためには、それぞれの用途に合ったカラーリング剤を選ぶ必要があるということです。

白髪染めをするなら美容院がおすすめ

自分で染めるとなると、イメージ通りの色でむらなく綺麗に仕上げるのは 簡単ではありません。 特に白髪染めの場合は、すべての髪が白髪というわけではない為、 均等に染めるためには美容院でやってもらうのが1番です。 美容院であれば、髪のことを知り尽くしたプロがイメージ通りに仕上げる ことができます。新潟市美容室をお探しの方は、Haloをご利用ください。 何年経っても色褪せないヘアスタイルをご提案いたします。 カラー・カット・メンズカット・デジタルパーマなどを検討している お客様のお越しをお待ちしています。

ホーム » 白髪染めと普通のカラーの違いとは